資料ダウンロード

2018-11-30リリース

通訳サービス(スマイルコール)が、 越後湯沢温泉観光協会の接客応対ツールとして採用されました。

■サービス導入の背景 近年、全国的にスキーや雪遊びを目的とした外国人観光客が訪日するケースが増加しています。このエリアは、都心から近く利便性が良いことも後押しされ、台湾・香港・韓国をはじめ、各国からたくさんのお客様が来ています。
「スマイルコール」導入前は、簡単な英語であればスタッフも対応できると考えていたのですが、外国人のお客様が増えるにつれて、応対の内容も複雑化していきました。一例をあげると、お客様が体調を壊されたときや、観光穴場の説明や行き方などの案内などです。
ピーク時には外国人観光客の方が9割以上になることもあるため、既存のスタッフだけではこのような応対が困難な状況でした。そこで、リアルタイムに現場の言語不備を解決できるスマイルコールを導入することを決断しました。

■越後湯沢温泉観光協会について 「TOKYOから70分で行ける雪国」をキャッチフレーズに、メジャー観光地では味わえない体験ができる「着地型観光」として取り組んでおります。世界でもっとも雪が降る地域として知られるエリア(湯沢町・南魚沼市・魚沼市・十日町市・津南町の新潟5 市町村と群馬県みなかみ町と⻑野県栄村)をsnow countryとして各地連携し、この地域の独自性を生み出しています。 外国人のお客様にも、雪遊びと共にこの豊かな大地で育った農産物や雪国ならではの醸造文化や伝統工芸品、雪国の暮らしをご案内しております。

News Release(PDF)